日本の伝統!着物の魅力と楽しみ方を徹底解説!

身幅や袖幅がゆったりとした日本の着物は、平安時代の頃に作られました。形もデザインも特徴的な着物は、日本を象徴するアイテムのひとつとして人気を集めています。

着物は、洋服と作り方が違うので着方も独特です。今回は、着物の魅力と楽しみ方に加えて着るときのポイントを説明していきますので参考にしてください。

【なぜ着物に惹かれるのか?着物が持つ魅力】

日本人にとって着物は、入学式や成人式など特別なときに着るイメージがあります。着物は、日本の伝統衣装で外国人に人気があるのも特徴です。

着物は、日本の気候に合うように作られた服です。ここからは、洋服にはない着物の魅力に迫っていきます。

日本と言えば着物というイメージ

日本の戦国時代から江戸時代の頃の伝統や文化は、外国人に人気があります。日本と言えば着物以外に「武士」「忍者」をイメージする人も多いはずです。

日本は、中国をはじめとする大陸の影響を大きく受けていました。飛鳥・奈良時代の上流階級は漢民族の支配者が着ていた「漢服」で、一般庶民は大陸の遊牧民が着ていた「胡服」が一般的な服装でした。

着物は、平安時代の頃に誕生しています。四季の変化が激しい日本では、身幅や袖幅がゆったりしていて重ね着がしやすい服装が好まれました。

袖付きの服を着ていたのは、上流階級の人だけでした。室町時代の後期になって、肉体労働者も仕事のとき以外は、小袖を着るようになります。

外国にならって洋服を着るようになった明治時代以降も庶民は着物を着ていました。日本の伝統的な衣装である着物は、古き良き日本を連想させます。

着物はまるで絵画

スーツやドレスといった海外のフォーマルな衣装は、単色のことが多いようです。白、グレー、ブラックなどのモノトーンの色合いが多く見られます。

日本では気温の変化に対応するために着物を重ね着してきました。その結果、十二単(じゅうにひとえ)など複数の色を組み合わせる文化が発達します。

着物は、単色でも鮮やかな色合いのものが多くなっています。着物の重ね着や帯の種類によって、雰囲気も大きく変わります。

また、着物の帯には「亀甲文」「花」「扇」「鶴」などの絵が描かれているものを多く見ることができます。多様な色と絵の組み合わせは、ひとつの作品として楽しめます。

男性向けの着物には、ブラックやグレーといったシンプルな色合いのものが多く見られます。落ち着いた色合いの着物は、侍を連想させるようです。

着物を着ると姿勢が変わる

着物は、帯で背骨や骨盤を固定します。体を大きく動かそうとすると着崩れしてしまうので、洋服と比べると動きにくいです。

着物は制限されるので、歩くときや座るときは特別な所作が必要になります。品が良く落ち着いた仕草に見えるのも着物の魅力です。

背骨や骨盤を固定すると腰が曲げにくい状態になります。姿勢も良くなるので、洋服では得られない美しさを引き出せるはずです。

【特別な体験!気軽に着物を楽しもう!】

プロにお任せ!着付け体験

洋服は曲線状に裁断してかた人の形に合わせて立体的に作られています。着物は、直線裁ちで帯などを使って人の形に合わせます。

洋服は最初から形が決まっていますが、着物は着る人の体型によって形を合わせます。着物をきれいに着るためには、正しい手順を踏むことが大切です。

着物を楽しみたい人は、着付け体験の利用をオススメします。着付け体験では、プロの方が着付けをおこなうので、キレイな仕上がりになります。

京都や浅草など古くからの町並みが残る地域では、着付け体験をおこなっている所も多くあります。着物店や写真店だけでなく、一部のホテルや旅館でも着付けサービスを提供しています。

着物や帯を自分で揃えるのは大変です。着付け体験は、着物や帯だけでなく髪留めや草履といった小物もレンタルすることができます。

不安な場合は、事前に利用言語の確認をオススメします。

特別な体験は写真に残そう

キレイに着物を着ることができたら、写真に残しておくことをオススメします。旅館の庭園や花との組み合わせは、着物との相性も悪くありません。

写真を撮るときは、他の人に写真を撮ってもらうことをオススメします。着物は、腕を高く上げると着崩れする危険性が高いからです。

写真を撮る時は、他の人に写真を撮ってもらうことをおすすめします。着物は腕を高く上げると着崩れする可能性が高いからです。

また、着物は帯の結び方にも特徴があります。帯の結び目が良く見えるように、後ろから撮影する人もいます。

着付け体験だけでなく写真撮影もサービスに含まれている所もあります。料金が最初から含まれていることもあるので、事前に確認することをオススメします。

日本ではなくても着物を楽しめる?

着物を楽しめるのは、日本国内だけではありません。地域によっては、海外でも着物を楽しむことが可能です。

着物を楽しめる機会のひとつとして、ジャパンフェスタなどの日本の伝統や文化を紹介するイベントがあります。着物を紹介するコーナーが設置されていることも多いので、イベント会場で着物を楽しめます。

都市部に住んでいる人は、着物を取り扱っている会社や着付け師を探すのも有効な方法です。費用や事前にそろえるものは、依頼する所によって異なるので事前に確認することをオススメします。

日常生活に着物を

独特な色合いと絵柄を持つ着物は、芸術品としての価値も高いです。海外向けの着物通販サイトもいくつか存在します。

着物を購入するときに大切なポイントは、着物の素材です。普段から使うことを想定して選ぶのであれば、選択が可能な「木綿」「麻」「ポリエステル」をオススメします。

ガウン感覚で使用するのであれば、羽織も使いやすいです。浴衣は値段が抑えられているので、着物より着やすいというメリットがあります。

【着物を着る時に気を付けるべきポイントは?】

直径裁ちで作られた着物は、帯などを使って体に合わせます。裾や袖から肌がみえると美しくありません。

着物は洋服に比べると行動が制限されます。ここでは、着物を着るときに気をつけるポイントを紹介していきます。

着る時は余裕をもって

着物を着るときは、最初にタオル等で「胸」「ウエスト」「ヒップ」の補正をおこないます。補正をしないとその人の体型がそのままあらわれてしまうからです。

さらに腰紐、伊達締め(男性の場合は男〆)、帯で骨盤や背中を固定します。補正と帯締めをおこなうと仕上がりがキレイになります。

注意点は、あまりきつく締めてしまうと苦しくなります。プロは相手の状態を見ながら調整しますが、少しでも苦しいと感じたら伝えることをオススメします。

着付けをしてもらった後で町に出る場合は、少し余裕を持たせるようにするのが理想です。袖も短めのものがオススメになります。

動き方ひとつで大きく変わる

着物をきれいに着ることができた後は、できるだけその状態を保ちたいと思うはずです。着物を着たときは、裾が開かないように歩き方に注意をしなければなりません。

歩くときは背筋を伸ばして、足をまっすぐ運ぶようにして小股で歩くのが基本です。手荷物はできるだけ左手で持って、右手は上前に添えて裾が広がらないように抑えます。

階段を上り下りするときは、右手で着物の前側を軽く上げるようにしてください。階段に対して体を少し斜めにすると歩きやすくなります。

車に乗るときは、足から入ると着崩れする可能性が高くなります。着物の前を軽く持ち上げて、お尻から乗り込むようにして座席に腰掛けます。

両足一緒に地面から離したら片手は袖で、もう片方の手は着物の前側に手を添えて90度回転させるようにして足を入れます。座るときは、帯の結び目が崩れないように浅めに座るように心がけます。

袖にも注意しよう

着物を着ているときに腕を高く上げると腕が見えてしまいます。腕が見えてしまうとあまり美しく見えなくなってしまうので、注意が必要です。

手をあげるときは、もう片方の手で袖口を押さえるようにします。物をとるときも袖口を押さえるようにすると、所作が美しく見えて袖も汚れにくくなります。

車の乗り降りやドアを開けるときも袖が汚れないように細心の注意を払う必要があります。着物を着て外出する際は、袖が短いものを選ぶと安心です

【まとめ】

今回は、着物の魅力と楽しみ方を説明しました。着物は、大陸との交流が途絶えた永安時代の頃に日本の気候に合わせて作られたものです。

様々な絵が描かれた着物は、ひとつの芸術品とも考えられます。所作に気をつけて、着物の楽しさを感じて欲しいと思います。

  1. 今年の夏にオススメ!SNS映えがすごい!SUPの魅力と基本を解説!

  2. 美ら海水族館

    夏休み!夏を満喫できるオススメの旅先特集・沖縄編

  3. 自然を楽しめる!キャンプの魅力を初心者向けに紹介!

カテゴリー

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
Instagram フィードに問題があります。